MENU
スポンサーリンク


あのちゃんは芸能界トップの高身長!スタイルが注目されている理由が気になる!

スポンサーリンク

近年、メディアにて見ない日がないと言っても過言ではない「あのちゃん」

芸能関係者は「テレビ局が若年層の視聴者を獲得するため」あのちゃんをこぞって起用しているとかなんとか。

特に身長やスタイルに関しては注目度が高く

  • あのちゃんって身長高くて顔も小さいなんて…何センチなんだろう
  • 体重も軽そう
  • スタイル良すぎ!

など、身長や体重などスタイルに関していろいろ気になっているようでした。

というわけで、今回はあのちゃんの身長やスタイルから、プロフィールまで詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

あのちゃんの実際の身長は166㎝

まず結論から申し上げますが、あのちゃんの身長は166㎝です

「身長166センチ」と判明しているのは、過去のツイッターのプロフィールに掲載されていたからです。

引用元:ツイッター※現在のアカウントには身長の記載はな

身長166センチとなるとかなりの高身長であり、相当見栄えのする体型と言えます。

それに加えて、あのちゃんのずば抜けたスタイルは、体重が物語っています。

引用元:ツイッター

こちらは、あのちゃんがバラエティ番組に出演した際に公表した画像です。

見ての通り、体重計の値は42.7キロを示しています。

この画像がついたツイートが2022年7月にされており、投稿は54週前と記載されています。

これらを合わせて考えた時、この42.7キロだったのは2021年6月の時であると考えられます。

現在も大きくスタイルに変わりはないので、あのちゃんの体重は42.7キロ周辺と言えるでしょう。

あのちゃんの現在の身長と体重についてみました。

ただ、あのちゃんの身長の話にはまだ続きがあります。

引き続き、身長について追っていくことにしましょう。

スポンサーリンク

あのちゃんは大人になっても身長が伸びている

現在のあのちゃんの身長は166センチ、これはわかりました。

しかし、あのちゃんの身長についてはまだ情報が残っています。

冒頭に挙げた画像に書いてある「身長」をよく見てください。

はい、「163センチ」と書かれているのがわかるでしょうか。

高校1年時から、あのちゃんの身長が伸びているのです。

女性の場合、男性よりも先に第二次性徴が終わるため、高校1年から身長が伸びる確率は非常に低いです。

非常に稀に見るケースなのですが、更にあのちゃんが特別であるという情報もあります。

こちらも、過去のあのちゃんのTwitterアカウントの画像になり、こちらにも身長の記載があります。

引用元:ツイッター[現在では身長は非公表]

こちらは、2017年あたりのツイッターアカウントのプロフィールです。

身長は165センチと書かれており、成長途上であることがわかります。

スポンサーリンク

あのちゃんの身長が注目される理由

あのちゃんの身長が注目される理由の一つに、身長差があります。

例えば身長が高い男性と一緒にいても「映える」だけの身長はかなり魅力的でしょう。

あとは「顔は小さいのに、身長が高い」というギャップからも注目を集めているようです。

確かにテレビで見るあのちゃんはそこまで大きく見えない…けどスタイルがいい…ということは…?

みたいな感じで気になるのも納得です!

スポンサーリンク

あのちゃんと同じ身長の有名人は?

あのちゃんと同じくらいの身長の有名人としては、

  • 川口春奈
  • 本田翼
  • 内田理央

などなど、いわゆる「スタイル抜群の美人女優」が名を連ねていました。

あのちゃんの身長は芸能界でもトップクラス?

あのちゃんの身長は確かに高身長ですが、さすがに上には上がいます。

とはいえ、「高すぎない」という意味で男性女性どちらかも支持を受けられる絶妙な身長でもある気がしますね。

よく高身長がコンプレックス…という方もいますが、あのちゃんは自身の身長にコンプレックスを抱かず、むしろ個性として受け入れる姿勢が、多くのファンから支持されているのでしょう。

というわけで、ここまではあのちゃんの身長について深堀してきました。

次からは身長以外のあのちゃんのプロフィールについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

あのちゃん プロフィール

引用元:あの公式ページ

では、あのちゃんの身長を含めた、プロフィールを紹介していきましょう。

と言っても、現在あのちゃんのプロフィールとして公開されているのは「誕生日が9月4日」「血液型がA型」のみです。

今回紹介する「あのちゃんのプロフィール」は、[現在は公式では見られない]資料のまとめとなります。

  • 本名:志水彩乃[しみず あやの]
  • 生年月日:1997年9月4日
  • 血液型:A型
  • 出身地:千葉県柏市
  • 身長:166センチ
  • 体重:42.7キロ[2021年6月現在?]
  • 学歴:柏日大高校中退

それでは、各項目のついて、ひとつひとつ触れていくことにしましょう。

スポンサーリンク

あのちゃんの本名・生年月日

では、あのちゃんのプロフィールにて、「現在は非公表」になっているものを調査しましょう。

今回のあのちゃんのプロフィール調査に大きな貢献をしているのが以下の画像です。

引用元:ファッション誌[HR(エイチアール)」2013年9月発行分

歪んでいて、非常に見にくくなっていますが、これはあのちゃんがファッション誌に掲載されたものです。

ここには、「志水彩乃」「高1年」と書かれています。

あのちゃんが登場したファッション誌が2013年9月発売であることから、1997年生ではないかと考えられます。

他にも、あのちゃんの誕生年が1997年であることが示された事件が2つあります。

  • あのちゃんのYouTubeチャンネルにて、ヒコロヒーがあのちゃんの年齢を暴露した
  • 雑誌「装苑」にて、プロフィールに「1997年生まれ」と記載されていた

ここまで、誕生年の証拠が揃っているので、あのちゃんの誕生年は1997年・現在26歳とみて間違いないでしょう。

スポンサーリンク

学歴

私がタレントを取り上げるときは、あまり学歴については触れません。

しかし、あのちゃんの場合は「あのちゃんの人間性」を示すものであり、「あのちゃんの将来」を左右したものになりました。

ここでポイントとなるのは「中退」の部分です。

あのちゃんの人物面について、wikipediaから抜粋します。

周囲とうまく馴染めず、ひどいいじめもあり、中学校を保健室登校で過ごし、高校を入学直後に中退、不登校・引きこもり生活を送っていた。学校以外の居場所を求め、スーパーマーケットのアルバイトをしていたこともあるが、レジ打ちは得意であったものの接客は苦手であり、しばらくして辞めてしまった

引用元:wikipedia

察するに、あのちゃんは極度の対人恐怖症だったのでは、と推測できます。

この過去について、あのちゃん自身は「コミュニケーション障害」だったと口にしています。

「コミュニケーション障害」に分類される障害は実在します。

ただ、あのちゃんが医師からコミュニケーション障害に属する診断を受けたかについては不明です。

視聴者の中には「自閉症」「チック症」などという指摘もあるようですが、こちらもわかりません。

このように、あのちゃんは人前に出ること[対面すること]が極度に苦手だったのです。

しかし、いまや誰の目につくタレントとして大活躍しています

次は、あのちゃんのキャリアを見て、プロフィールと結びつけて話を進めていきましょう。

スポンサーリンク

あのちゃんのキャリア

引用元:あのちゃん公式ページ

それでは、あのちゃんのタレントとして、どういう側面を見せ、活躍をしているのか。

あのちゃんのキャリアを見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

アイドル

あのちゃんの始まりとなったのが、アイドルデビューでした。

あのちゃんは2013年アイドルグループ「ゆるめるモ!」にメンバーとなり、2019年まで在籍していました。

この「ゆるめるモ!」のコンセプトが、あのちゃんにガッチリハマったことが加入につながっています。

フリーライターの田家大知が、ももいろクローバーの『ピンキージョーンズ』に触発され、「辛い時は逃げてもいいんだよ」をテーマに自ら街頭スカウトで集めたメンバーで結成された。

「逃げろ!!」に代表される「辛い時は逃げてもいいんだよ」をテーマにした独特の歌詞、ニュー・ウェイヴを軸に多彩なジャンルに挑戦した楽曲が特徴。

引用元:wikipedia

あのちゃんの「ゆるめるモ!」加入については、以下のような流れをたどっています。

引きこもり生活に焦りを感じ、Twitterのリツイートでメンバー募集を見かけ、音楽が好きな人お笑いが好きな人と要項に記載されており、雰囲気がゆるそうで楽器の演奏もできそうだったことなどから、応募に踏み切った。応募後は面接に躊躇してプロデューサーからのメールをしばらく無視していたが、ライブに一度来てくれるだけでもいいなどと繰り返し誘われたことから、思い切ってライブ会場に足を運ぶことになった。そこで見たライブが未完成なものであったこと、自分が求められる経験が初めてであったこと、他に今後やることがなかったことなどを理由に、なりゆきで加入することとなった。歌唱オーディション等には参加せず、この時のプロデューサーとの顔合わせのみで合格が決定した。

引用元:wikipedia

応募したものの、プロデューサーに放置してしまっていたのは「対人恐怖症」からでしょう。

顔合わせのみで合格を出した当時のプロデューサーは有能だったとしか言えません。

というわけで、あのちゃんのアイドル活動が始まるわけです。

ここからは活躍が多岐にわたるようになります。

スポンサーリンク

ファッションリーダー

あのちゃんが所属していた「ゆるめるモ!」は、正直言うと「地下アイドル」の域を出ません

アルバム・シングルともに、オリコントップ50入りすらしたことがありません

そんな地下アイドルグループにいてなお、あののSNSフォロワー数は異常な数値を見せていました。

その理由に一つに「ファッションセンスの良さ」が挙げられます。

あのちゃんのファッションのフォロワーが数多く現れ、「あのちゃんギャル」と呼ばれました。

さらに、そのフォロワーたちがファッションジャンルに一つになっていきます。

「水色界隈」という言葉をご存知でしょうか。

この「水色界隈」の語源が、あのちゃんの「ゆるめるモ!」時代のメンバーカラー「水色」から来ています。

若年層においては、それだけの影響力をメディアに多く取り上げられる前から持っていたのです。

このファッションが注目される理由に「スタイル」があったことも見逃すことは出来ません。

身長166センチで体重43キロと言うと、並のモデルでは太刀打ちできないほどスリムなのです。

スタイルの良さが更にファッションセンスを引き立たせている、そう捉えることも出来ます。

スポンサーリンク

歌手・ミュージシャン

引用元:YouTube

ここでは、「ゆるめるモ!」時代のパフォーマンスから入る必要があります。

「アイドルとは何なのか?」と問いかけたくなるような「客席ダイブ」「シャウト」「デスボイス」

その常軌を逸した行動から、あのちゃんは「異色のアイドル」「悪魔のアイドル」と称賛されています

ゆるめるモ!を脱退したあと、昨年まででデジタルシングル12曲・アルバム1枚を発表。

2021年には、ロックバンド「I’s」を結成するなど、精力的な活動が見られます。

現在、あのちゃんの楽曲として知られている[むしろこれしか知られていないのでは]は「ちゅ、多様性。」

2022年放送アニメ「チェーンソーマン」の第7話のエンディング曲に起用されています。

2023年年間ビルボードチャートでは75位に輝くなど、歌手「ano」の存在を強く示しました。

紅白歌合戦へのanoの出演を疑問視する声も挙がっていましたが、上記のようなヒットなら出場に十分です。

最新アルバム「猫猫吐吐[にゃんにゃんおぇー]」も週間9位に入り、歌手活動の順調と言えるでしょう。

スポンサーリンク

バラエティタレント

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2282103/full/

※あのちゃんは泉ピン子相手に終始タメ口だった。そして、その部分は全カットになっていると言う。

現在、一番活動の幅を広げているのが「バラエティタレント」の側面です。

一躍注目を集めたとされるのが、2021年末放送の「水曜日のダウンタウン」の出演です。

舌足らずな話し方、わきまえのない・無礼な口調、物事の真を突いた毒舌

更には「頭おかしいだろ?」と思える、明らかにトチ狂ったエピソードの数々。

唯一無二のキャラクターが受け、人気を獲得しています。

ここで、芸能記者が指摘しているのは「あのがどこまでなら大丈夫なのかを知っている」です。

「無礼な口調」は下手をすればタレント、視聴者の怒りに触れ、干される原因となります。

頭がおかしいことをし続けていれば、視聴者がドン引きしていきます。

いろいろな危険をはらみながら、上手く立ち回っているのです。

今年も、あのちゃんのバラエティ番組での大暴れを大いに見ることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

女優

「歌手」「バラエティタレント」としての成果はこれまででも多く見られました。

そんな中、新たなる才能「女優」の能力の高さも、昨年から見せ始めています。

映画初主演作「鯨の骨」、「お願い!ランキング presentsそだてれび」内のショートドラマ。

この2つの作品での高評価がSNSで散見されました

更には、女優としての躍進が期待できる、実写版「【推しの子】」の出演も控えています。

業界内での「あのちゃん」のドラマ起用の声も多く聞かれるようになっているという情報もあります。

これまでとは全く別の顔を見ることが出来るかもしれません。

ちなみに。

「ゆるめるモ!」所属時代に、「咲-saki-」の実写ドラマに出ていたという事実を見つけました。

しかも、自身初のレギュラーキャラでの出演。

個人的に、このことがどうも引っかかてしまうのは、アニメの方を知っているからでしょう。

アニメ作品が先行している作品の実写ドラマ化は、いろいろなものをはらんでいますから・・・。

スポンサーリンク

まとめ

引用元:あのちゃん公式ページ

ここまで、現在ブレイク度ナンバーワン「あのちゃん」について、解説をしてきました。

私は、「あのちゃん」についてはバラエティに進出してきてから認知をしています。

「ゆるめるモ!」というアイドルグループは知っていますが、「あのちゃん」の所属は知りませんでした。

そして、あのちゃんが若年層からもとより強い支持、高い人気を得ていたことも勿論知りません。

なので「エキセントリックなやつが、たまたまキャラ受けしてる」程度の認識しかしていませんでした。

それだけに、あのちゃんのプロフィールや過去のキャリアを見て、こんなに出来るやつだったのか、と驚いてます。

ぽっと出で受けているのではなく、実力でメディア露出を勝ち取り、一般化しているのです

音楽面では「ちゅ、多様性。」に続く、それこそビルボード年間チャートに載るようなヒットを

そして、女優としては、今までの「あのちゃん」とは別次元の姿を見せてほしいです

2024年も「あのちゃんの年」に出来るのでしょうか、まだまだ目を離すことは出来ません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次